モデルチェンジ情報

新型アルトワークスのモデルチェンジ内容紹介:スズキ自慢の軽量プラットフォームで超軽量スポーツカーが誕生!

アルトワークスのマイナーチェンジとフルモデルチェンジ情報

現在の日本の自動車界では続々と往年のスポーツモデルが復活しています。

そんな高級なスポーツモデルの話題にも負けていなかったのが、アルトワークスの発売です。

ひつじ執事
ひつじ執事
これには往年の自動車ファンは歓喜しましたね。

軽自動車の実用性を消すことなく誰もが楽しめる運動性能を持ち合わせたモデルとなります。

そこで気になるのが、アルトワークスが今後どのような進化を遂げていくのかですよね。

今回の記事では、アルトワークスの今までの歴史とマイナーチェンジ・フルモデルチェンジ情報を見ていきましょう。

Sponsored Links

スズキ新型アルトのモデルチェンジ情報

ひつじ執事
ひつじ執事
それではアルトのモデルチェンジの内容とその時期を紹介していきましょう。

新型アルトワークスのマイナーチェンジの内容

2018年内にアルトはマイナーチェンジが行われる予定です。

スズキに関しては燃費計測に関しての不正行為があったためにその対応とペナルティーによりモデルチェンジのスケジュールがズレ込んでいます。

それでもアルトのマイナーチェンジに関しては2018年内は確実でおそらく後半に行われるでしょう。

その変更点ですがフルモデルチェンジをしたアルトは大きな技術革新を行ったモデルであり今回のモデルチェンジに関しては、バンパーの形状やウィンカーデザインの変更などの申し訳程度の変更に留まるのではと予想されていました。

しかし予想以上の変更が行われるという話が入ってきています。

その注目Sエネチャージと衝突予防安全装置の搭載です。

①Sエネチャージ(マイルドハイブリッドシステム)の搭載

Sエネチャージつまりマイルドハイブリッドシステムはスズキの他の軽自動車(ワゴンR・スペーシア・ハスラー)には既に搭載されている技術ですが、アルトはこれを使わずに新開発プラットフォームの軽量化などによりJC08モード燃費37.0km/Lを誇り軽自動車トップの低燃費を実現しています。

スズキはアルトにSエネチャージを搭載してJC08モード燃費を大幅に向上させてくるようです。

新型アルトではJC08モード燃費40.0km/L以上とする予定でした。

しかしこれが現在は話が変わっているようです。

ミツビシやスズキによる燃費数字の不正問題に端を発する問題がカタログ数字と実燃費の乖離が問題となっているために下手にカタログ燃費のみを向上させるやり方に疑問の目が向けられているからです。

ライバル車種のダイハツのミライースもフルモデルチェンジにも関わらずカタログ燃費に関しては据え置きとし実燃費との差を減らすことをしてきました。

特にスズキはこの問題の当事者ということもあり、JC08モード燃費40.0km/L以上と同じレベルの向上をしていたとしても現行モデルのJC08モード燃費37.0km/Lに据え置くのではないでしょうか。

ダイハツさえそうして中で、スズキもそうせざる負えないのが現状です。

ただしこれはアルトの話であって、ワークスのターボエンジンには関係のない話と思っていたのですが、ワークスもターボエンジンとマイルドハイブリッドの2本立ての可能性があるかもしれないとのこと。

ターボエンジンのワークスと同じの装備・足回りでエンジンを高パワー向けのセッティングにしたマイルドハイブリッドエンジンのグレードです。

ワークスも時代に合わせハイブリッドスポーツが誕生する可能性があります。ところでSエネチャージとはどの様な技術か知っていますか?

Sエネチャージとは、電気の再回収と貯蓄による燃費の改善だけでなく走行中でも電気モーターがガソリンエンジンの出力をアシストして走行の助力も行うシステムです。

つまりSエネチャージはハイブリットシステムです。

スズキ自動車が自社独自の言い方として軽自動車においては”Sエネチャージ”と呼んでいるというだけです。しかもスズキの車種でも軽自動車以外は普通にハイブリッドと呼んでいる点が分かりにくくしているとも言えます。

しかも分かりにくい理由は、実はハイブリッドシステムと言うのは2種類あるんです。

Sエネチャージはハイブリットシステムではありますが、プリウスのハイブリッドシステムとは異なるものでもあります。

つまりプリウスのハイブリッドシステムはストロングハイブリッド、ハスラーやワゴンR・スペーシアのSエネチャージはマイルドハイブリッドと分類されるモノだからです。

2種類にシステムを分類したのはトヨタがプリウスとクラウンのハイブリッドシステムの違いを説明するために使いだした言葉です。それが今は業界全体で使われる共通語となりました。

では、一般的に言われるその定義と代表的な車を見てみましょう。

ストロングハイブリッド

ストロングハイブリッドシステムはエンジンと電動モーター共に高出力の大型のものとなりの走行状況から最も効率の良い方を選択して出力配分を決めているものです。つまり電気モーターのみの単独での通常走行や発進も可能としています。

ストロングハイブリッドシステムではどうしても複雑な仕組みになることにより技術的に難しくなることや高価になることがデメリットになりますが、大幅な燃費向上が可能になります。

ストロングハイブリッド搭載の代表車種は、プリウス・アクア・エスティマ・アコード等になります。

マイルドハイブリッド

マイルドハイブリッドシステムはガソリンエンジンをメインの動力源としていて電気モーターはあくまで補助的なアシストのみに限られます。停止からの発進や加速時に電動モーターをアシストとして活用していることが多いです。

このマイルドハイブリッドシステムでは基本的に1つの電気モーターであることも多く小型の物でも良いのでシンプルな仕組みで実現可能なために技術的のもコスト的にも高くはならないのが大きなメリットです。

その分燃費改善に関してはストロングハイブリッドシステム程の効果は期待できません。

ストロングハイブリッド搭載の代表車種は、Sエネチャージ搭載のハスラーやワゴンR・スペーシア・インサイト・ソリオ等になります。

つまりハスラーの低燃費はマイルドハイブリットと言う技術により実現したものになります。

②衝突予防安全装置の充実

現行アルトに搭載されている技術は3種類になります。それが下の3つです。

  • レーダーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • エマージェンシーストップシグナル

これを機能を進化させた技術に改定するのと新技術を追加して6つの機能へと充実します。その機能は下の6つになります。

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能

デュアルセンサーブレーキサポートは、フロントガラスに設置した2つのレーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせて使用することで、歩行者や自動車を認識して自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能を実現するものに進化します。

③ボディーカラーの追加もしくは入れ替え

現行アルト ワークスのボディーカラーは下の4色になります。

スチールシルバーメタリック ピュアホワイトパールピュアレッドブルーイッシュブラックパール3

ここの新色の専用色が加わわり、それがマイナーチェンジ後のワークスイメージカラーになりそうです。

まだ何色なのかは情報を掴んでいませんが、シャンパンゴールドやブルーマイカ辺りになります。

イエローも良いのですが、スイフトスポーツのイメージカラーなのでないでしょうね。

この他は小変更に留まりエクステリアデザインの細部の変更とインテリアの質感と使い勝手の向上を行います。

フルモデルチェンジの内容

フルモデルチェンジに関しては、スズキのモデルの世代が1つ変わるために、まだ詳細な情報が入ってきていません。

特に今のスズキの次世代モデルの開発内容は、トヨタとの提携関係がどのように進むかに関係することになります。トヨタと共同開発が実現している可能性もありますし、それこそダイハツの技術が使われる可能性さえあるからです。

とは言え、まだまだこれからの話であり、スズキもヴォルクスワーゲンとの提携解消の話等もありますので、どうなっていくのか注目したいところです。

現行スズキ・アルトワークスの詳細情報

型式 HA36S/36V型 8代目の現行モデルのアルトはスズキの久しぶりの意欲作です。

マーケティングという戦略にとらわれた通り一辺倒のどのメーカーのモデルか分からないような媚びた車ではなく、メーカーのメッセージの詰まったモデルとなりました。

最初はワークスを発売する予定のなかったスズキでしたが、この渾身のモデルにワークスが無いなんて勿体ないという声に答えて開発・発売したというモデルなんですよね。

個性あるエクステリアデザインに革新的な技術の搭載し軽ナンバー1の絶対性能を持つモデル、これこそアルトワークスですね!

スズキ新型アルトWORKSの基本スペック

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1475mm 
  • ホイールベース:2460mm
  • 車両重量:5MT・670kg(FF) 5MT・720kg(4WD) 5AGS・690kg(FF) 5AGS・740kg(4WD)
  • エンジン:R06A型・直列3気筒インタークーラーターボ DOHC12バルブ660cc
  • 最高出力:64ps/6000rpm 最大トルク:10.2kg・m/4000rpm
  • JC08モード燃費:5MT・23.0 km/L(FF) 22.0km/L(4WD)
  • JC08モード燃費:5AGS・23.6 km/L(FF) 22.6km/L(4WD)
  • トランスミッション:5MT/5AGS

アルトワークスの特別装備

  • ブラックメッキヘッドランプ・ガンメタリックのバンパーロアガーニッシュ・レッド塗装済みフロントブレーキキャリパー・”WORKS”ロゴ入りのボディサイドデカール・フロントバンパーにカーボン調アッパーガーニッシュ
  • ターボチャージャーとシリンダーヘッドを新設計して最大トルクは3N·m向上したR06A型のターボエンジンが搭載にワークス専用のエンジン制御プログラムを採用したチューニング版のR06A型ターボエンジンを搭載
  • トランスミッションは1速から4速をクロスレシオ化し専用設計のショートストロークシフトを採用した5速MTか変速制御プログラムに専用チューニングし変速スピードを短縮した5速AGSの2種類
  • フロントブレーキは、ベンチレーテッドディスクブレーキ
  • カヤバ工業製の専用ショックアブソーバーが採用
  • 15インチタイヤ装着車にはENKEI製アルミホイールが装着
  • ブリヂストン POTENZA RE050Aが装着
  • フロントは7専用設計のレカロシート

遂にワークスの復活です。アルトの過激なスポーツモデルと言ったらワークスに決まっています。

世のお父さん方でも待っていた人も多いのではないでしょうか?走りを感じさせられる軽自動車って現代は多くないですからね。S660やコペンでは搭乗可能人数に問題がありますしね。

すこし欠点となる面もあるのですが、兎に角ここまでのスポーツマインドに溢れる4シーター軽自動車は長い間なかったですからねぇ。

ワークスの復活は嬉しいですし、興奮しますね。

アルトワークスの欠点とは?

アルトワークスは評論家も含めて非常に評判の良いモデルですね。

しかし辛口に悪い面として指摘されることが2点ほどあります。

1つ目はレカロシートに関しててです。しかもこれはレカロシート自体の問題ではなくシートレールの取り付け位置が標準シートよりも高いために座った時の視点が高くなってしまっている点です。

これは実はレカロシートあるあるなんです。後付けでレカロシートを付ける時にもこの現象が起きやすいのでシートレールには細心の注意が必要なんです。

でもスズキはメーカーですからね、早急に何とかしてください。

2つ目は車両価格が高すぎるということです。ベース車両からするとちょっと割高なんです。確かにスポーツカーとして考えると格安とも言えるのですがベース車両から考えるとすこし、、、、、、

せめてシートをレカロではないRSと同じシートで10万円安いモデルを出すべきだと思いますね。若い子の味方となって車の楽しみを知ってもらえるような役割の車になって貰いたいですからね。

スズキ新型アルトの値引き情報と納車状況

スズキ新型アルトの値引き情報

スズキの新型アルトの標準車・RSターボ・ワークスすべてのモデルにおいても値引きが渋い訳でも良い訳でもなく、スズキの車としては標準的と言えます。

これはアルトは高コストパフォーマンスを誇る車であり利益率が低いために値引きをしたくても出来ない車だからです。

簡単に言えば車両価格が元々安いということです。

目標値引きは現金値引きで10万円を目指し、これにオプション値引きで5万円のせることが出来れば大成功と言えるでしょう。ただし値引きに関しては徐々に拡大傾向にはあります。

ライバル想定車は標準車は、ミライースとして燃費性能からの経済性の高さを話題にしていきましょう。RSターボとワークスに関しては、S660を引き合いに出して走りの質感の高さを比べる形で値引き交渉を行いましょう。

またスズキは同地域に別資本の販売店がありますから、そこで同じアルトで相見積もりを取るようにして時間を掛けて最大値引きを引き出すようにして下さい。

更にもし車がある場合は、車体値引きだけでなく下取り価格を高く売ることも努力しましょう。ハッキリ言ってアルトは値引きは難しい車種ですから、下取り価格を上げる方が2・30万円も差が出たりもしますから。

詳しくは⇩の中古車雑誌で有名なグーの公式サイトを見て下さい。

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

スズキ新型アルトの下取り状況

アルトは下取りに関しては、標準的かもしくはやや弱い傾向の車です。これはアルトが歴史も長く常に人気のあるモデルだったためにどの年式のアルトでも流通量があるためです。

またグレードにより100万円を切る価格から150万円程度のグレードと様々な選択があることにより現行モデルだけでなく旧モデルは勿論新車と中古車と織り交ぜた選択が可能な事にも寄ります。

そのためにどのグレードどのボディーカラーが強いというよりも経年劣化による引き算での試算となる傾向の車となります。

下取り車の具体的な金額に関しては、ネットで車の情報入力するだけで自分の車の価値がいくらなのが分かりますから、調べてみるのも良いでしょう。

今後の買い替え計画が立てやすいですからね。

調べるのはこちらにサイトが便利です⇒かんたん車査定ガイド

スズキ新型アルトの納車状況

ワークスの納車状況は、生産ラインが多くないこともあり選ぶグレードやボディーカラーやオプションによって大きく異なります。

1ヶ月前後から2か月程度待つこともあるのはこのモデルがスポーツモデルとしての特質を考えると仕方ないのかとも思えますね。

スズキ新型アルトワークスのライバル車とは?

新型アルトのライバル車は標準車とワークスで全く異なるものになりますね。

ワークスには昔のダイハツのミニカ・ダンガンの様な同じジャンルのライバルが今は存在しません。

そうするとスタンスは違っても同じスポーツ性を売りとしたホンダのS660でしょう。

車両価格はだいぶ違いますが、スポーツ性の高さは同じレベルにあります。

それと同じスズキで、軽自動車ではありませんがスイフト・スポーツと悩む人も多いと思います。スイスポはBセグメントなので経済性は落ちますが、車の高い完成度には定評がありますからね。

ホンダ・S660

ワークスのライバルと呼べるような崇高な走りに対する思いが込められたモデルはS660ぐらいしか軽自動車には存在しませんね。

車両価格では200万円前後であり50万程度の差もあるので本当なら比較となる様なモデルではないのですが、ハンドルを握る楽しさにおいてはワークスも同じレベルと言えます。

こういったモデルがあることが日本の車を楽しくしてくれますね。

ダイハツ新型コペン

本来ならS660のライバルのイメージではありますが、今の軽自動車にはアルトワークスの純粋なライバルが存在しないので、方向性は違えどファントウドライブを目指す車種としてダイハツの新型コペンもライバルと言えるでしょう。

実際、実用性と絶対性能を求める人はワークスを買うでしょうし、2シーターオープンが好きで官能的なドライブフィールが好きな人はコペンを選んでいると思います。

スズキ新型スイフトスポーツ

軽自動車にワークスと同じような価値観のモデルが少ないので、コンセプトとして近いモデルと考えるとコンパクトカーのスイフトスポーツでしょう。

スズキ自身それを良く分かっていてワークスを発売したために、新型スイフト・スポーツは更に性能の向上を図りましたね。

スズキのアルトワークスのこれまでの歩み

スズキのスポーツカーというと、スイフトスポーツだったりカプチーノを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、最初にスポーツを感じさせたモデルは、アルトワークスだと思います。

ワークスの速さは軽自動車の枠を超えたてましたからね。

ここではワークスの歴史を簡単に振り返ってみましょう。

スズキ2代目 アルト 販売期間1984年 – 1988年

型式 CA71V/72V / CC71V/72V型1984年.に発売した2代目アルトにワークスというグレードが初めて設定されました。

ボディータイプは3ドアハッチバッグでスポーティーなイメージでした。

3気筒の4バルブDOHCにインタークーラーターボを付けた550ccエンジンを搭載したモデルで、最高出力は驚異の64馬力を叩き出し軽自動車とは思えない加速性能を誇りました。

このワークスが速過ぎたために、業界の協定により軽自動車では64馬力が上限と自主規制することとました。

スズキ3代目アルト 販売期間 1988年 – 1994年

型式 CL11V/21V/22V/CM11V/21V/22V/CN11S/21S/CR22S/CP11S/21S/CS22S型この3代目のアルトの時代が私が個人的にアルトの一番印象の強い時代です。それはやはりワークスの凄さが強烈だったからだと思います。

それまではお買い物車としか軽自動車をみていなかった人達が軽自動車も侮れないと知らしめたモデルが、アルト・ワークスでした。

丸目のフロントランプにボンネットのエアインテークが印象的でありそれ以上にインパクト大だったのはとにかく速いっ!それも上品は走りの質が高いという話ではなく安っぽいチューニングマシンの様な過激な速さでした。

誰もが驚きましたよね。

スズキ4代目アルト 販売期間 1994年 – 1998年

型式 HA11S/21S/HB11S/21S/HC11V/HD11V型前モデルの印象が強く徹底したキープコンセプトだったのでモデルチェンジした印象も薄いモデルでした。

というよりも、3代目の強いイメージのまま存在し続けていた感じですネ。

スズキ5代目アルト 販売期間 1998年 – 2005年

型式 HA12S/22S/23S型12V/23V型5代目にフルモデルチェンジします。車の完成度は上がったのですが、3代目のインパクトが強すぎたためにどうしても印象が薄くなってしまったモデルです。

ワークスのデザインも上手に昇華させたものとなっていましたが、過激さは薄れてしまいました。

排気規制の問題もあり、この5代目で時代を創ったワークスの歴史はいったん幕を閉じました。

スズキの歴史アルトワークスのモデルチェンジ情報とその軌跡のまとめ

スポーツカーが復活している今の時代の中で、アルトワークスも復活しました。

これだけの性能に拘りの装備を搭載しているにも関わらず、車両価格が100万円代の中盤という軽自動車だからこそ実現出来たコストパフォーマンスには驚きますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかも4ドアの4人乗りとして実用性も十分ありますからね。

全てが詰まった拘りのスポーツモデルが復活しましたね。

もしモデルチェンジ後の新型で、ハイブリッドエンジンを搭載したモデルが追加発売となったら話題となること間違いなしですね。

スズキさん、これからも良いモデルを発売してくださいね。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

ABOUT ME
ヒツジ執事
ヒツジ執事
自動車やバイクに関して市販車からレースまでどんなことでも大好きです。 仕事の関係から自動車保険や自動車事故に関しても詳しかったりもします。 業界の裏情報や最新情報を含んだ皆さんが楽しめる記事をお届けできればと思います。
RELATED POST