モデルチェンジ情報

フォルクスワーゲン:ゴルフのモデルチェンジ情報!新型8代目モデル

フォルクスワーゲン:ゴルフのモデルチェンジ情報!

大衆車のグローバルスタンダードといえば、フォルクスワーゲンのゴルフで間違いないです。

ある意味このゴルフがどのようなモデルとなるかが、これからの自動車業界の未来を決めていると言って良いものです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そんなゴルフの新型8代目モデルのモデルチェンジが、2019年に予定されています。

新型のゴルフ8がどのようなモデルとなるのか、その気になる内容を見ていきましょう。

Sponsored Links

2019年にフルモデルチェンジ予定の新型ゴルフ8の情報

新型フォルクスワーゲンゴルフ8代目モデルのスポーツモデルGTIと最速のスペシャルモデルのRには、48VマイルドハイブリッドシステムのパワーユニットをMQBプラットフォーム
に搭載される予定です。

ひつじ執事
ひつじ執事
かなりの意欲作となると思われているので、詳しく見ていきましょう。

GTIとRのパワーユニットとプラットフォーム

新型フォルクスワーゲンのゴルフ8代目のGTIとRはハイブリッドエンジンになると考えられます。

中でもゴルフRはスペシャルコンセプトとしてモーターショーで公開されたR400をヒントに、極めてパワフルなモデルになり、2019年のジュネーブモーターショーでの公開となります。

フランクシップモデルはGTIとR2はゴルフ史上最強のパフォーマンスと言われるエンジンが搭載され、インテリアには、革新的な技術が盛り込まれると思われます。

新型ゴルフのデザインの方向性もすでに決定していて、MQB/Wと呼ばれることになる次世代型のプラットホームをベースにシャシー性能の向上が進められています。

そしてフォルクスワーゲンではイギリスの販売の約30%のシェアを誇ることもあり歴史あるパフォーマンスモデルのGTIの継続も決定済みです。

ひつじ執事
ひつじ執事
スタンダードモデルが2019年半ばにモデルチェンジをし、スポーツグレードのGTIは、少し遅れての登場となります。

そしてそのエンジンの性能は243馬力ものパワーをスタンダードモデルでも達成しています。

そして8代目ゴルフの目玉となるのはGTDと呼ばれるグレードとなり、これはハイパフォーマンスなディーゼルエンジンを積んだモデルとなり、スタンダードモデルの新型の発表時と同時にラインナップされる予定です。

ガソリンモデルでは、スタンダードモデルでも48Vマイルドハイブリッド標準搭載する予定で、GTIにも初めてハイブリッドエンジンの搭載が予定されています。

スポーツモデルは、ゴルフ史上最強のGTIとして標準でも243馬力を誇り、ハイスペックモデルでは274馬力もの出力を発揮するエンジンを搭載するとみられています。

ゴルフの最強モデルゴルフRの性能

そしてゴルフシリーズのトップグレードとなるゴルフRは2020年に最も馬力の高いエンジンを搭載した四輪駆動モデルとして発表されます。

その性能はフォルクスワーゲンからまだ公式の発表は何もありませんが、ゴルフRのエンジンは48Vハイブリッドシステムとの組み合わせを行いなんと350馬力以上を発揮して現在加熱するライバルのホットハッチモデルたちの馬力競争でもトップクラスとなる予定です。

ゴルフシリーズのラインナップの中でもスポーツモデルのGTIは、今までの伝統を重視した進化を遂げてきたのに対して、ゴルフRはスペシャルモデルとして最速にこだわり新しい試みを常に行ってきたモデルですであり、ライバルに対しても負けることのない最強モデルを目指しています。

ひつじ執事
ひつじ執事
そのゴルフRのパワーユニットに関してはいくつかの候補があるともいわれています。

最有力なのは、スタンダードモデルに搭載されている2リッターTSIエンジンをチューニングした上で、48Vマイルドハイブリッドシステムの組み合わせ350馬力以上まで引き上げたユニットを搭載するプランです。

このユニットがゴルフ8シリーズすべてのモデルの基本的なユニットとなるのは間違いなく、スタンダードモデルでも2リッターTSIエンジンが中心に販売されて、ハイブリッドモデルに関しては48Vマイルドハイブリッドシステムのリチュウムイオンバッテリーと電気モーターを組み合わせたモデルが中心となります。

新型ゴルフのコストパフォーマンスとEVモデル

そしてこのシステムのもう一つの特徴は、動力性能だけでなくコストパフォーマンスが優れている点にもあります。予想される新型ゴルフRの価格でさえもヨーロッパの販売価格で約500万円程度とスポーツモデルのトップグレードとなるGTIに対してそれほど高額にならずに販売することが可能でしょう。

この他に予定されているのは、GTで実用化されたEVシステムに改良を加えてゴルフRの名に相応しい動力性能を誇るパワーユニットとして搭載する可能性が噂されています。

その際には次世代型7速デュアルクラッチギアボックスが搭載されるとも言われています。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただしEVユニットの搭載されたゴルフに関しては高額な価格設定となるでしょう。

新型ゴルフRがベンチマークするライバルとは?

新型ゴルフRで想定されている動力性能は、最高速度250キロ0100キロ加速4.5秒以下が目標であり、具体的なベンチマークモデルは2020年に搭乗予定のフォードの新型フォーカスRSを想定しています。

新型フォーカスRSもゴルフRと同じ48Vマイルドハイブリッドでのエンジンの搭載を予定です。

その他の部分のゴルフRの基本的なコンセプトは従来の考え方と同じものであり、エクステリアに関してはそのハイパフォーマンス性能を隠すようなスタンダードモデルに必要最低限のエアロパーツを付けた程度にとどまります。

ひつじ執事
ひつじ執事
またゴルフ本来の持つ日常的な使い勝手の高さや積載性の高さそして乗り心地の良さを変わらず維持されたものとなるでしょう。

最速モデルのゴルフRが独立するという噂

GTIとゴルフRに関しては、スタンダードなゴルフから独立させたハイパフォーマンスブランドとして販売するのでは無いかと噂にもなっていますが、2019年の新型ゴルフに於いては独立はないようです。

これまでのゴルフというモデルがあくまで大衆車としての伝統を受け継いできたモデルであり、GTIとゴルフRはその伝統の中でこそ生きるスポーツモデルはと考えているからのようです。

ただしGTIにおいてはゴルフのラインナップを出ることは将来的にもないでしょうが、ゴルフRはコンセプト自体もゴルフ本来のモノとは分けられており、最速にこだわりを持つ姿勢からも独立の可能性はゼロではないと言えます。

日本車の例で言えばスカイラインとGTRが独立・分離した例があるように速さを求めることでゴルフRは別モデルとなっても何も不思議ではないからです。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかしゴルフからゴルフRが独立したら、車名はRになっちゃうの?(笑)

フォルクスワーゲン:ゴルフのモデルチェンジ情報のまとめ

従来のヨーロッパではディーゼルエンジンとダウンサイジングターボがエコカーとしての中心でしたが、ディーゼルエンジンへの風当たりの強さから大きくトレンドが変わってきました。

新型ゴルフにおいてもハイブリッドエンジンが中心のパワーユニットとなり、ゴルフは世界中で最も売れているモデルの一台で、世界中のメーカーが車を造るときにベンチマークにしているモデルですから、その影響力は絶大です。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかもハイパフォーマンスモデルのゴルフRもマイルドハイブリッドになる予定ですからね。

2019年から始まるゴルフ8の新時代への提案には注目ですね。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

ABOUT ME
ヒツジ執事
ヒツジ執事
自動車やバイクに関して市販車からレースまでどんなことでも大好きです。 仕事の関係から自動車保険や自動車事故に関しても詳しかったりもします。 業界の裏情報や最新情報を含んだ皆さんが楽しめる記事をお届けできればと思います。