ニッサン車情報

新型エルグランドの評価評判レポート:ニッサンの象徴!

新型エルグランドのユーザーの評価評判はどうなのか?

日本を代表する高級ミニバンの日産のエルグランドは現在でも確固たる地位を築いています。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただし販売面に関してはライバルであるトヨタのアルファードとヴェルファイアに遅れをとっている面があるのは事実です。

それでもエルグランドの車としての魅力は非常に高く根強いファンがいるのも事実です。

現行のエルグランドは全高を下げ車の重心を下げたことにより、走行性能の高いドライブフィールを手に入れただけでなくミニバンとは思えない美しいエクステリアデザインも同時に実現しています。

クルマ好きの人や玄人も十分に納得する高級ミニバンだと言われています。

今回はそんなエルグランドの購入者の評価や評判の声を拾ってまとめてみると共にその内容からエルグランドの販売数字が伸び悩む欠点に関しても探っていきたいと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
ではまずエルグランドユーザーの評価評判の口コミを見ていきましょう。
Sponsored Links

新型エルグランドを買った人の声を5項目に分けて集計

ここから見る評価評判は、エクステリアデザイン・インテリアデザイン・エンジンと走行性能・燃費性能と先進技術・値引きとリセールバリューの5つの項目に分けて、エルグランドユーザーの声を雑多にピックアップして並べました。

一般ユーザーの声なので、良い面と悪い面も特に分けることなく書き出してあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
そしてそのユーザーの声を一度項目ごとにまとめて、最後に総合的評価評判としてまとめています。

後はインプレッション動画とCM等も載せておきます。

CMでも見てエルグランドに見惚れて下さい。

①エクステリアデザインの評価や評判

エルグランドユーザーの声

  • 全高を抑えたエクステリアデザインが背の高さを感じさせない低く構えた迫力のあるデザインを実現しています。
  • 先代モデルに比べて全高を10cm 比較したことで走行性能が上がりミニバンを感じさせないエクステリアデザインとなりました。
  • エクステリアデザインに関してはとにかく迫力があり周りへの威圧感が強く運転している際にはそれだけで優越感を感じる。
  • エクステリアデザインに関してはアルファードやヴェルファイアがサイドやリアのテールデザインにおいてまだミニバン色が色濃くが残るのに対してエルグランドはミニバンを感じさせない非常に美しいものとなっています。
  • 乗っているだけで誇りに思える価格以上の外観のデザインが素晴らしいです。
  • アーバンクロームはフロントグリルからナンバープレートの周りのフロントスポイラーまでクロームメッキで覆われていて、他のモデルにはない精悍で迫力のあるデザインとなっています。
  • エルグランドはミニバンというジャンルでありながらファミリー臭さが無く男としてカッコよさを表現できるモデルである。
  • エクステリアデザインが最高で洗車をしてるだけでも高揚感と満足感が得られる。

エルグランドのエクステリアデザインのまとめ

エルグランドのエクステリアデザインは評判が良いですね。

全高を下げたことで低く構えた姿勢のデザインとなりこれが他のミニバンとは異なる美しさを生み出しています。

ひつじ執事
ひつじ執事
特にサイドラインの美しさはバンというジャンルではなくステーションワゴンに見えるほどです。このデザインが好きな人には特別な一台となるでしょう。

ただ兎に角出派手で押しの強いフロントマスクを好む人はアルファード・ヴェルファイアを選ぶこととなるでしょう。

②インテリアデザインの評価や評判

エルグランドユーザーの声

  • セレナと比べて3列目にも大人が現実的に快適に座ることが出来るので、大人数で長距離を移動できる点は良です。
  • 2列目シートの乗り心地が良く、家族から評判が良い。
  • 3列目シートの空間が広くセレナやヴォクシーなどと比べてかなり快適である。
  • 2列目3列目の乗り心地が良く、乗降性も良いので家族には評判がいいです。
  • 2列目3列目のシートの質感が素晴らしく座ると、まるで高級なソファーのような乗り心地です。
  • 3列目のシートをたためば室内空間が広く取れるので車内泊に関しても苦労しません。
  • 250XG のベースグレードがベージュ系のインテリアであるだけで、他のグレードでは基本的にはブラックの内装色しか選択できないことは残念です。
  • インテリアはゴテゴテとした派手さはないものの高級感のあるしっかりとした作り込みがされていてドイツ車のような安心した落ち着きのあるものといえます。
  • 室内のインテリアの落ち着いた感じが年齢層が高い男性が乗っても恥ずかしくないものと言えます。
  • インテリアの高級感に関してはアルファードの方が上質と言えます。
  • 3列目のシートを倒してもシートを水平にすることができないために荷物を載せる際に苦労します。
  • アルファードより前高全長が短い分車載量が少なく、大きな荷物を載せることができません。
  • 自転車を積むことができないので自転車を積みたければトヨタのL クラスミニバンを選択せざるを得ません。
  • 先代のエルグランドより10センチ以上低くなったフロア高によって乗降性が非常に良くなり”よっこらしょっ!”と乗り上がるような物ではなく普通の車のように乗ることができるようになりました。
  • インテリアに関してはベージュの内装色なども用意して高級な上に爽やかイメージがあり若い人も違和感なく乗ることができます。
  • 2列目3列目は開放感がありウォークスルーがしやすくスペースに余裕があります。
  • セカンドシートへの盛り込みは一段ステップを踏んで上がる感じなのであまり良好とは言えない。
  • 乗り心地に関してはただじゃなかいだけではなく細かい衝撃もショックアブソーバーがきちんと仕事をしていて収まりの良いものとなっている。
  • 積載量がかなり広く2列目3列目シートに人が座っていたとしてもラゲッジ スペースのみでもゴルフバックを6セット搭載可能です。
  • 助手席側に標準装備されたオットマンは非常に嬉しい装備です。
  • シートに関しては、背もたれ部分に中折れ機能がついているためにかなり快適です。
  • 本皮シートの表面が少し硬く滑りやすいのでオススメできない。
  • 天井が高すぎず静寂性も高いので2列目3列目シートの人とドライバーが普通に会話できる点は非常にありがたいです。
  • サードシートが動かすことが出来ないので他のライバル車種と比べて残念に思う。
  • 7人8人で荷物を乗せて旅行に行くのにはさすがに厳しい。
  • 家族5人乗りのファミリーカーとして見た際には全員の荷物も多く載せることが出来て泊りがけの旅行も問題なく行けるのでベストな選択だと思う。
  • 室内の開放感に関してはライバルであるトヨタのアルファードとヴェルファイアの方が明らかに広く少し閉塞感があるのは残念。
  • 床面の構成に関してはフルフラットにすることができないのは非常に残念です。
  • 走行時にフロアパネルの親への跳ね上がりや衝撃が室内に入ってくるのが不満です。
  • 天井が少し低く乗っていると他のミニバンよりも閉塞感を感じる。
  • 視界性に関してはA ピラーが思っていたより太くて運転していて邪魔だと感じてしまう。
  • 3列シートに乗り込む際にはスライドドアの開閉度は良いのですが、シートのスライド幅が少なく乗り込みにくいです。
  • ゴルフバックを縦に立てて3つ載せることが出来るのは非常に便利です。
  • 3列目シートに関しては設置方式ではなく収納ができるタイプのものにして貰いたいです。

新型エルグランドのインテリアのまとめ

インテリアの装備は必要十分なもので高級で上質なものとなっていて若者から年配者まで満足いけるものとなっていますが、豪華な演出をしているアルファード・ヴェルファイアに対してシックなイメージの高級感となります。

シートアレンジの多様性による積載性よりも乗り心地を重視したシートにより走行中の快適性はこのクラスでも最も高いものとなっています。

ひつじ執事
ひつじ執事
3列シートに関しては大型ミニバンということでセレナなどのミドルクラスミニバンとは広さによる快適性は明確な差となっているので、7・8人で遠出をする人にはおススメです。

③エンジンと走行性能の評価や評判

エルグランドユーザーの声

  • エンジンに関しては少し音はこもりますがパワーがあり、高速道路でもこの大きく重いボディーを不満無く加速させてくれます。
  • CVT に関しては全てが滑らかにスムーズに動いているとは思えず加速に関して段差を生んでいる。
  • 先代のエルグランドと比べても抜群に向上したハンドリングの質感でFun to Drive を感じます。
  • 排気音に関してはあまりいい音はしない。
  • 乗り心地が良好なために特に高速道路では滑るように走ってくれます。
  • コーナリング性能が向上してハンドルを切ってもふらつくことがなく不安を感じることがありません。
  • 3.5リッターという排気量考えるとボディーが重いからか力があるエンジンの様には思えない。
  • コーナーでのハンドリングに関してはどうしても車重が重く、愚鈍な動きとなっている。
  • エルグランドのCVT はパワーの出力に対するレスポンスが悪いようでアルファードヴェルファイアの6速AT の方が優秀と言えます。
  • モデルチェンジするたびに、ボディサイズが大きくなり市内での運転に気を使う。
  • ドライビングに楽しさを感じるので家族と乗った時に運転手の様な悲しさは感じなくなりました。
  • トヨタのアルファードやヴェルファイアと比べるとボディの重さが感じられアクセルを開ける頻度が高く、ストレスを覚えます。
  • 思っていたよりもエンジン自体にもパワーがあり騒音も静かなため運転していて快適です。
  • シートの表面の手触りが良く厚みのある材質であり足元の空間があることから乗り心地に関しては抜群のものがあります。
  • ニッサンの1クラス下のセレナと比較すると走行の際の段差のショックや振動が少なくかなり上質な走り味となっています。
  • 遮音性が高く、外からの音は入りにくいのですが室内の物が擦れる音や揺れる音がして興ざめな部分があります。
  • 他のミニバンに比べて車高の高さが低く視界性には劣るのですが、安定した走行性能を持っています
  • 3.5リッターのエンジンはパワーもトルクも十分で街中走行で余裕の走りができます。

新型エルグランドのエンジンと走行性能のまとめ

エルグランドの明確な特色は全高を下げたことでミニバンが持つ腰高感が弱まりセダンの様な自然なドライブフィールを実現していることです。

これだけでも運転することが好きなドライバーにとってはミニバンの中でも唯一無二の車として選択する理由となります。

エンジンの排気量が大きいのですが設計が古いこともありパワー感や音に関しては可もなく不可もなく合格レベルと言えます。

ひつじ執事
ひつじ執事
メカニカルな面でいえばCTVはそれほど出来がいいものではなくトヨタの5速ATのほうが上と言えるでしょう。

高速道路やコーナリングの乗り心地は柔らかいだけの高級志向ではなくショックアブソーバーがきちんとした仕事をしている収まりの良い最上級なものでありライバルよりもワンランク上と言えます。

④燃費性能と先進技術の評価や評判

エルグランドユーザーの声

  • エルグランドの最大の欠点は燃費であり、早くハイブリッドモデルを用意してもらいたい。
  • 燃費が悪いと言われますがそれはハイブリッドエンジンとの比較であり、同クラスの排気量のガソリンエンジンであれば決して悪い数字ではないと思います。
  • アルファードやヴェルファイアと比べるとカタログ燃費はそれほど差がないのに対して実燃費が大きく異なるという事はよく知られた事実です。
  • Lサイズミニバンとしては標準的な燃費数字かもしれないですが購入者が誇りに感じるエコ技術が少なすぎる。
  • ニッサンの最高級ミニバンなのに安全性能に関しては現代の最先端レベルからは劣っている面を早期に改善してもらいたい。

新型エルグランドの燃費性能と先進技術のまとめ

やはり明確に劣る面としては実燃費の悪さと言えます。早急にハイブリッドシステムの搭載をするか、ガソリンエンジンのままでも燃費性能の改善は必要でしょう。逆に言えばそれだけの改善でも販売に関しては大きな変化があると予想します。

ひつじ執事
ひつじ執事
先進技術に関してはどのモデルでもそうですが、イタチごっこな面がありどのタイミングなのかで最新か少し遅れているかは起こってしまうので致し方ないのかなとも思います。

⑤値引きやリセールバリューの評価や評判

エルグランドユーザーの声

  • 値引き幅が大きく、トヨタのアルファードヴェルファイアと比べると最後には決定力になっていると思う。
  • エルグランドは値引き幅が大きい上に、下取り車の買い取り価格も高くライバルのトヨタより実際にかなり安く買えました。
  • トヨタのアルファードとヴェルファイアと購入の際には比較検討しましたが、車両本体価格がほぼ同じであるにもかかわらず、値引きに関してはエルグランドが素晴らしく大きかった。
  • エルグランドは多くの欠点もあるが昔からエルグランドファンが強く居て、結局のところ欠点も含んでエルグランドが好きで買っている人が多いと思う。
  • ブランドイメージという意味ではライバルのアルファードやヴェルファイアに劣ってしまうのは否定できません。
  • リセールバリューを考えるとどうしても買えるボディーカラーはホワイト系のブリリアントホワイトパールとブラック系のファントムブラックの2色から選ぶことになります。
  • 価格的に優れた4気筒のに2.5リッターエンジンが用意されている。
  • トヨタのアルファードとヴェルファイアがライバルと言われるが雑誌などで比較はされても結局のところそれぞれの固定のファンが決まったモデルを買っていると思う。
  • リセールバリューに関してはアルファードとヴェルファイアが大型ミニバンでは圧倒的に強く、そこはエルグランドでは叶わないところです。
  • 最近のニッサンはあまりエルグランドを前面に出していなくてセレナを良く目にするために、ニッサンのフラッグシップミニバンのエルグランドをもっと前面に出して宣伝して露出して貰いたい。

新型エルグランドの値引きやリセールバリューのまとめ

値引きに関してはライバルのアルファードとヴェルファイアと比べると大きくなるのでアドバンテージがあると言えます。ただその逆でリセールバリューに関しては、このクラスではアルファードとヴェルファイアが抜けていいこともあり入口と出口でトータルすれば同じことかなと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
エルグランドでリセールバリューを考えるならば、ボディーカラーはブリリアントホワイトパールかファントムブラックを選ぶべきでしょう。

エルグランドのユーザーの声のまとめ

ニッサンのエルグランドはどうしてもトヨタのアルファードとヴェルファイアとの比較がされてしまいます。

くまパパ
くまパパ
元々はエルグランドがこの高級ミニバンの王者でありトヨタがそのエルグランドを研究して開発したモデルがアルファードそしてヴェルファイアだからです。

しかし現在の販売数でみるとエルグランドの販売台数は寂しい限りです。

もはやライバルと呼ぶにも心足りない数字ではあるのですが、車としての完成度は決して劣るものではなく走りの性能や安定感などで言えばエルグランドの方が上でしょう。

全高を下げ低重心とすることで重量の重いミニバンとは思えない乗り心地の良さと走行性能を実現し、ドライバーはまるでセダンに乗っているかのようなフィールでドライブする楽しさを得ることができます。

しかしライバルのアルファードヴェルファイアと比べると実燃費が劣る点、豪華で贅沢と言える室内空間の演出そして全高の高さがもたらす大柄な迫力のあるフロントマスク、その様な点をユーザーが支持しているんだと思います。

クルマの本質的な性能を求めたことと絢爛豪華なエクステリアやインテリアの装備の差がエルグランドとアルファードヴェルファイアの明確な売上の差になっているといえるでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
ハッキリ言えばエルグランドの販売不振の原因は、①実燃費の悪さ②美しいが迫力が劣るエクステリアデザイン③派手な演出のないインテリアと言えるでしょう。

これは車としての完成度の問題で欠点と言えるのは①実燃費の悪さだけであり、この燃費に関しては改善を求められることだと思います。

ただ②美しいが迫力が劣るエクステリアデザイン③派手な演出のないインテリアに関しては方向性の違いであり欠点と言えるものではありません。

逆にこの2点を気に入ってエルグランドを購入する人もいると思います。

インプレッション動画から読むエルグランドのプロの評価

ニッサン新型エルグランドの試乗インプレッション動画になります。

雑誌やメディアというのは自動車メーカーがスポンサーとなっていて車の良い点は雄弁に語れるのですが、悪い点に関しては率直に言葉にできない面があるのは資本主義社会である以上仕方ないでしょう。

雑誌やモータージャーナリストはメーカーに試乗車を用意してもらってインプレッションしているわけですからそうなりますよね。まぁ試乗車を用意してもらえなければインプレッションも出来ないわけですから仕方ないですよね。

それでも言葉の端々にジャーナリストの本音が感じ取れたりもしますので見る価値はありますよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
少し驕った見方で見るのが丁度いいです。

ニスモによるチューンされたモデルの試乗インプレション動画です。これもエルグランドの素性の良さがあるからこそのカスタムモデルですね。

エルグランドのCMがカッコいい件

CMは自動車メーカーが大きな予算を割いてその車のブランドイメージを上げるために創作している作品です。

ひつじ執事
ひつじ執事
純粋にエルグランドに見惚れてカッコよさに浸ってしまいましょう。

エルグランドの詳細情報を説明するムーヴィーもあります!

エルグランドの説明動画です。

ひつじ執事
ひつじ執事
ニッサンの最高級ミニバンというのが良く分かります。

やはりライダーは別格のカッコよさがありますね。

ユーザーの声から見えるエルグランドの評価評判のまとめ

エルグランドとアルファードヴェルファイアは、正に技術のニッサンの作る車と総合商社といわれるトヨタの作る車の性格がよく表現されたモデルであり、良い意味でも悪い意味でも販売面でその結果が明確に出てしまったモデルたちといえます。

ひつじ執事
ひつじ執事
この点を考慮してどちらの車にするかを考えていくのが良いと思います。

最後に言うとエルグランドは自動車メーカーとしてこだわりのある挑戦をしたモデルであり、車としての完成度は高く所有することでの満足度も非常に高いモデルだと思います。

エルグランドが好きな人は迷いなく購入しても後悔はしないと思います。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

ABOUT ME
ヒツジ執事
ヒツジ執事
自動車やバイクに関して市販車からレースまでどんなことでも大好きです。 仕事の関係から自動車保険や自動車事故に関しても詳しかったりもします。 業界の裏情報や最新情報を含んだ皆さんが楽しめる記事をお届けできればと思います。