モデルチェンジ情報

マツダ新型CX-8のモデルチェンジ情報:マイナーチェンジの内容

新型車CX-8のマイナーチェンジ(年次改良)情報とモデルの特質

自動車メーカーもグローバル化が進み厳しい時代となりました。

コストパフォーマンスが求められると、どうしても1車種に対して生産量が必要となり大メーカーが有利の時代となりました。

その中での選択は、トヨタやニッサンの様に合併や提携を増やして規模の拡大を求めるか、選択と集中を行い得意ジャンルでの専業メーカーとしての方針とするかです。

ひつじ執事
ひつじ執事
マツダは技術屋集団という気質もあり、取り扱い車種のジャンルを限定することで大規模メーカーに特定のジャンルのみで戦う道を選択しました。

これによりマツダはミニバンに関しては撤退する方針を決め、プレマシー・ビアンテ・MPVは順を追って生産が終了しています。

そしてそれまでのミニバンの受け皿として3列シートのSUV・CXシリーズが登場することとなりました。

それが海外ではすでに発売済みの3列シート7人乗り大型SUV:CX-9であり、日本向け新開発3列シートの7人乗りのSUVのCX-8になるわけです。

今回は、その様な経緯で発売された新型CX-8の特徴や時代背景、そして2018年末に予定されているマイナーチェンジの内容も見ていきたいと思います。

Sponsored Links

マツダ新型CX-8のモデルチェンジ情報

マツダ新型CX-8のモデルチェンジ情報では、発売して間もないモデルですから、フルモデルチェンジの情報はまだ入ってきていません。

ひつじ執事
ひつじ執事
ここでは、2018年の年末に予定されているマイナーチェンジの内容の最新情報を見ていきましょう。

マツダ新型CX-8のマイナーチェンジ(年次改良)情報

最近のマツダは、先進技術の搭載を車格に関係なく基本的に全てのモデルで、随時搭載しています。

呼び方は従来通りのマイナーチェンジではあるのですが、毎年のように行われていてスバルの年次改良の様なイメージとなっています。

その為に新型CX-8もマイナーチェンジ後モデルというような区分けではなく、マイナーチェンジに準じて2019年モデルのような呼び名となることでしょう。

新型CX-8の最初のマイナーチェンジは、早ければ2018年の年末だと思われます。

その内容に関しては、大きな変更点は↓の5項目となります。

①ガソリンエンジンの追加

マツダの経営方針として良くあるのが、グレードの高いエンジンで初めは発売をして、その後のマイナーチェンジの際に価格が安いエンジンを搭載するパターンです。

近年で言えば、CX-3が発売時はディーゼルエンジンのみの発売でしたが、販売不振のテコ入れとしてマイナーチェンジで、ガソリンエンジンが追加されました。

これと同じ話が、CX-8にも計画されています。

搭載されるガソリンエンジンは、2.5Lのターボエンジンが車重を考えると濃厚との話ですが、もし販売が不振となるようであれば、車重に対してパワー不足を理解したうえで、価格重視で2.5Lの自然吸気エンジンを積む可能性があります。

もし2.5Lの自然吸気エンジンだった時には、マツダはかなり厳しい状況だということです。

②夜間の歩行者検知機能の追加

安全性能技術のアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートのフォワード・センシング・カメラ(FSC)の機能向上を行うことで、夜間走行時における歩行者を検知することが可能となるでしょう。

これはCX-3の最新モデルで搭載されましたので、確実にCX-8でも搭載される機能です。

③マツダコネクトの改善

マツダコネクトとは、”人とクルマ、そして外の世界とつながる”をコンセプトとした導入したソフトウェアをアップデートすることで、最新で最良のサービスを活用できるコネクティビティシステムです。

従来のナビ機能、ラジオ、オーディオシステム、テレビ等をトータル的にコントロールするだけでなく、インターネットと接続することで、スマートフォンとも連動することを目指しています。

それが遂に、Carplay・Androidautoにも対応する予定です。

そしてもう一つの目玉が、今までCX-9にのみ搭載されていた8インチ ディスプレイがアテンザから随時搭載されてCX-8にも搭載されます。

ディスプレイは小さいという声は多く出ていましたから、これはかなり歓迎されるのではないでしょうか?

④サンルーフ

CX-8は、3列シートですからサンルーフか パノラマルーフかを期待していて、ノーマルルーフしかなくガッカリした人も多いのではないでしょうか?

これはマツダの確信犯で、マイナーチェンジの際の目玉の一つとしてサンルーフを取っておいたものです。

⑤ベンチレーションシート

ベンチレーションシートとは、シートの中に電動ファンを組み込むことで空気を流して熱が滞留することを防ぎ、夏場に涼しくしてくれるというモノです。

2018年-2019年のマツダ車のマイナーチェンジで搭載される機能となり、CX-8にも搭載予定です。

CX-8のマイナーチェンジ・年次改良の時期

新型CX-8のマイナーチェンジ・年次改良のタイミングはいつでしょう?

ひつじ執事
ひつじ執事
基本的には1年の周期で実施されていますので、年次改良は2018年12月となると思います。

年内発表の年末には展示車両がディーラーに届き、年末年始の初売りの目玉となると思います。

ただし販売不振が起きれば、マツダのことなので前倒しして2.5Ⅼのガソリンを投入すると思います。

新型車CX-8は、プレマシーとビアンテの継承車!

マツダの会社の方針から撤退することとなったミニバンですが、現在も乗っているマツダファンのユーザーがいる訳です。

本来はモデルチェンジした新型に乗り替わりをする需要もあり、これを受け止める受け皿がないと、マツダというブランドイメージの低下やファンの流出へと繋がります。

ひつじ執事
ひつじ執事
そのためにマツダはこれから特化していくSUVに3列シートモデルを投入した訳です。

流石にミニバンの様な広い室内空間や利便性は望めないものの一応6人乗車可能とすることでその役割は果たせます。

そしてメーカーとしての責務も果たすこととなるので、ブランドイメージの低下も免れるでしょう。

具体的には大型ミニバンのMPVが廃止されて大型SUVのCX-9が後継車種となり、ミドルクラスミニバンのプレマシー・ビアンテの後継車種が新型CX-8となります。

ここでは、CX-8の先代モデルとも言える、プレマシー・ビアンテがどの様なモデルでだったのかを振り返ってみましょう。

マツダ・プレマシーとは?

マツダのプレマシーはマツダ最小サイズのミニバンで1999年から発売となりフルモデルチェンジを2回施して3代目が最新モデルです。

ひつじ執事
ひつじ執事
余り目立たないモデルでしたが、実は堅実な安定的な人気があるモデルであり低め安定のコンスタントに数字を出している車でした。

マツダ初代プレマシー  CP系 販売期間1999年-2005年

基本的なコンポーネンツをファミリアをベースとするモデルでファミリアのミニバンという派生モデル的位置づけでした。実際のエクステリアデザインもファミリアのイメージそのままで、特にフェイスマスクは近いものが採用されていました。

ミニバンではあるのですが、ボディーサイズが小さいために取り回しや動力性能が高い代わりに室内空間の広さや3列目のシートの快適性は最低限と言えるものでした。

とは言え、日本の一般的なクルマ事情を考えるとミニバンを購入しているユーザーでも3列シートを恒常的に使用している人は少なく、実際に使用して不満を感じることもそれほど多くはなかったと考えられます。

マツダ2代目プレマシー CR系 販売期間2005年-2010年

ファミリアがモデルチェンジして新型車アクセラとなり、それを受けてプレマシーもアクセラのプラットフォームを使用することとなりボディーサイズは大型化して3ナンバーサイズとなります。

ボディーの大型化から重量が増したこともありエンジンも2.0L・2.3Lと排気量も大きくなります。

最小限のミニバンという従来の位置づけからミドルクラスのフルサイズミニバンとなりました。

マツダ3代目プレマシー CW系 販売期間2010年-現在

現在のマツダの共通コンセプトデザインとなる鼓動デザインの前コンセプトであるNAGARE(流れ)を採用したマツダの共通のデザインが採用となっています。

基本コンセプトとしては前モデルのキープコンセプトとなり革新的な改革というよりもブラシュアップした完成度の高い性能アップが行われました。

しかし2010年の発売ということで、マツダの鼓動デザインとスカイアクティブ技術の採用前のモデルであり、前世代的モデルであるのは否定しがたく、新型への期待が高まる中で廃止ということになりました。

マツダ・ビアンテとは?

初代ビアンテ 販売期間 2008年7月 -現在

ホンダのステップワゴン、ニッサンのセレナ・トヨタのヴォクシーとノアとライバル社が続々とヒットを出し盛り上がりを見せていたワンボックスミニバン市場に遅ればせながら投入したマツダの野心作がビアンテです。

ライバルモデルが非常に優秀なこともあり正統派では戦いにならないこともありマツダらしいオリジナル性の高いデザインで勝負してきました。

特にフロントデザインはAピラーからブラックアウトされた一連のフロントライトのデザインは個性的でマツダらしさが前面に出たものとなりました。

室内空間に関しては3ナンバーサイズということもありクラスで最高の広さを誇り、電動両側スライドドアの開口幅もクラス最大と利便性に関しても徹底的に拘ったモデルと言えます。

しかしそのアクの強いデザインからか販売面での成績はあまり芳しくはありませんでした。

マツダ新型CX-8の基本スペック

では新型CX-8の主要スペックを見ていきましょう。

基本的に2017年の2月にフルモデルチェンジした新型CX-5のボディーを、延長することで3列シートとするモデルなので、当然ですが新型CX-5とコンポーネンツを共有しているので、近いスペックとなります。

マツダ新型CX-8のエクステリアとインテリアデザイン

マツダ新型CX-8のエクステリアとインテリアデザインに関しては新型CX-5と近いものとなりました。

エクステリアに関しては、同じフロント・リアデザインにリアのタイヤ以降が少し伸びた感じに見えるだけということで、車に詳しくない人にはCX-5なのかCX-8なのか並べて見ても分からないかもしれません。

ひつじ執事
ひつじ執事
逆に言えばミニバンの後継ということで、車内空間を優先させずに、CX-5の美しいデザインを維持することに拘ったということです。

インテリアに関してはマツダは共有化を進めていることもあり使用できるものはCX-5と同じもので仕上げます。

マツダはデミオとCX-3でさえ、素材変更はあっても同じインテリアでしたから、派生車種のCX-8においては素材も、同じグレードの違い程度の変更しか施されていません。

マツダ新型CX-8のエクステリアデザイン

CX-8のデザインは、CX-5のイメージそのままではあるのですが、むしろリアが大きくなったCX-8のデザインの方がしっくりきますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
重量感があり落ち着いた雰囲気が高級感を感じます。

マツダ新型CX-8のインテリアデザイン

インテリアも基本的にはCX-5のイメージとなります。

ひつじ執事
ひつじ執事
2列目シートは、6人乗りのキャプテンシートと7人乗りのベンチシートの2種類があります。

マツダ新型CX-8のプラットフォーム

スカイアクティブ・ジェネレーション・プラットフォーム1改

新型CX-8のプラットフォームは、CX-5と同じスカイアクティブ・ジェネレーション・プラットフォーム1改であり、期待されたスカイアクティブ・ジェネレーション・プラットフォーム2の採用は見送られました。

エクステリアデザインはスカイアクティブ・ジェネレーション2の第2世代鼓動デザインであり、第1と第2世代の技術が混在しているためにスカイアクティブ1.5世代と呼ばれたりもします。

次の新型モデルはアクセラかアテンザとなることが予想されていますが、どちらになるにせよスカイアクティブ・ジェネレーションの第2世代となるのは間違いないことで、スカイアクティブ1.5世代は、CX-5とCX-8の2モデルだけとなるでしょう。

マツダ新型CX-8のボディーサイズ

  • 全長4,900mm x 全幅1840mm x 全高1,730mm 
  • ホイールベース :2,930mm

3列シートを対置するために、CX-5よりも全長が延長されていますが、可能な限り小さく収めてCX-5に近いサイズへと心掛けたようです。

ひつじ執事
ひつじ執事
それはCX-9との住み分けという意味も大きいですし、本来の日本の道路事情を考慮すればCX-5のボディーサイズがベストということだと思います。

因みに新型CX-5のボディーサイズは全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mmであり、CX-8のそれは全幅は同一ですが、全高で40mm・全長では355mmほど伸ばされています。

全高がたった40mmしか変わらなかったように、快適性を求めた開発コンセプトではなく、初代プレマシーの様に最低限の3列シートモデルであることが分かります。

その表れが後部ドアはスライドドアではなく、ヒンジドアを採用してSUVとしての機能を優先したことからも、新型CX-8はメインマーケットを日本国内としたモデルということです。

マツダ新型CX-8に搭載するエンジン

新型CX-5と同じ2.2Lディーゼルターボエンジンの搭載となりましたが、車両重量が増したために更にチューンニングが施されて数字はアップしています。

そのエンジンのスペックは下記の様になります。

○SKYACTIV-D 2.2 2.2L直列4気筒ディーゼルエンジン
 最高出力 190ps/4500rpm 最大トルク45.9kgf.m/2000rpm

CX-8は、6・7人乗りますし全長を延長することで、車重が増えていることもあるので、トルクフルなディーゼルエンジンがベストマッチなので正式に搭載が決定しました。

新開発エンジンではないので、安定的な完成度があるエンジンですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
第2候補のSKYACTIV2.5L の直4エンジンは見送りが決定しました。

ディーゼルエンジンは、確かにモデルの性格的にはベストマッチなのですが、車両価格を考えるとディーゼルエンジンは高いのでその判断がどうなのか、、、、、、

マツダ新型CX-8の先進技術の搭載

マツダの誇る最新技術に関しては他のモデルで採用されているものは全て搭載されます。

ひつじ執事
ひつじ執事
今のマツダは技術面に関しては車種ごとに分かれることはなく基本的に全車共通で搭載させていくのが方針です。

進化するi-Activsense

マツダが考える安全は、ドライバーを尊重したMAZDA PROACTIVE SAFETYの考え方に基づいていて、前方の夜間視界、後方や後側方認知の強化など認知支援領域を中心に、360°認知をさらに発展させた進化したi-ACTIVSENSEが搭載されています。

内容に関してはに関しては、歩行者検知までも更なるカメラの追加で行い自動ブレーキ機能にまで繋げることも研究されています。

更に追従型クルーズコントロールも全速度域対応型へと改良されることも時間の問題であることが分っていて、これからのマツダの車種に幅広く搭載する事でしょう。

これはマツダの技術陣がトヨタセーフティーセンスPスバルアイサイトに対して劣っている機能を意識しての開発であることは明白です。

この進化したi-Activsenseが搭載されることは確実で、CX-8は更なる最新の安全性能を手に入れています。

下の動画はマツダのi-Activsenseへの基本的な考え方を説明したものになります。

Gベクタリングコントロール

マツダが独自に開発した技術で、ハンドル操作とアクセル操作で起きるGをコントロールし、4輪の接地を大きくすることで、より安定的で効率的な車の挙動を実現する技術です。

実際の評判は、前評判よりもかなり高く、今のマツダの意識の高さを実感させられるものとなっています。

Gベクタリングコントロールの技術的な説明の動画です。

実際のテストドライブの動画です。

思った以上に車の傾きに違いがあります。これなら体感的にも感じられて当然ですね。

ナチュラルサウンドスムーザー

どうしても不快に感じてしまうディーゼルエンジンの振動と音を、抑制する技術として、マツダが開発したものです。

ナチュラルサウンド周波数コントロール

更にナチュラル・サウンド・スムーザーと組み合わせることで、ディーゼルエンジンのノック音を低減して不快感を無くすナチュラル・サウンド・周波数コントロールも搭載します。

マルチインフォメーションディスプレイの改良

マツダ車の先進的なイメージを担うマルチインフォメーションディスプレイに関しても、改良が行われてフルカラーディスプレイとなります。

BOSEプレミアムサウンドシステム

CX-5ではBOSEサウンドシステムがオプションとして選べましたが、BOSE が10スピーカーになって高性能化が図られてBOSEプレミアムサウンドシステムとなります。

車内での音楽の音に拘る人には朗報ですね。

マツダ 新型CX-8のボディーカラー

ひつじ執事
ひつじ執事
CX-8のボディーカラーは全部で9色となっています。

ソウルレッドクリスタルメタリックマシーングレープレミアムメタリックジェットブラックマイカチタニウムフラッシュマイカソニックシルバーメタリックディープクリスタルブルーマイカスノーフレイクホワイトパールマイカ

新型マツダ CX-8の車両価格

ひつじ執事
ひつじ執事
新型CX-8の車両価格に関しては、CX-5の派生車種でありコンポーネンツを共有しているために、車両価格に関しても約10%から20%程度高い価格帯となりました。

発売前には新型CX-8の車両価格は、ベーシックモデルが280万スタートが予想されてもいたのですが、ディーゼルエンジンのみの搭載となり価格帯が高かくなりました。

XD

  • 2WD 3,196,800円
  • 4WD 3,429,000円

XD PROACTIVE

  • 2WD 3,537,000円
  • 4WD 3,769,200円

XD L Package 2WD

  • 2WD 3,958,200円
  • 4WD 4,190,400円

マツダ新型CX-8のライバル車の動向

ひつじ執事
ひつじ執事
3列シートのSUVは日本ではまだ多くはないのですが、これからブームが来そうです。

レクサスRXにも設定されましたし、ホンダのCR-Vも3列シートモデルとなる話が出ています。

現在は明確なライバルが存在しないので、他のSUVを買うかミニバンを買うかというところで悩まれる人が多いと思います。

レクサスRX

CX-8と時を同じくしてレクサスのRXにも3列シートモデルを登場させました。

これはレクサスの状況がマツダと似ていて3列シートのミニバンをラインナップに持たない為に、SUVの3列シートでこの需要を受け止めようという思いがあります。

こうして日本でSUVの3列シートモデルが根付いていくのかもしれません。

スバル:エクシーガ・クロスオーバー7

実はスバルは、SUVモデルなのに3列シートというモデルをいち早く日本国内に投入しています。スバルに関しても自社でのミニバンの生産はしていませんから、その点でマツダと似た御家事情があるわけです。

しかし販売面では苦戦が続いていて、遂に販売は中止となってしまいました。

ホンダ新型CR-V

 

aaaaaaaaaaaaaaaaa (640x390)ホンダのCR-Vも3列シートモデルの国内販売が噂されています。

ヴェゼルが人気なだけに、車種ごとの住み分けという意味でもCR-Vは3列シートモデル専用という可能性がある様です。

丁度、CX-5とCX-8の関係ということになりますね。

トヨタC-HR

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb (640x368)CX-8の購入時の悩むライバルということでSUVでは、CX-5にするか、それとも今話題のトヨタのハイブリッドSUVのC-HRが最有力ということになるかもしれません。

C-HRは、人気があり納車待ちの期間も長いですから、そこも悩みどころとなるでしょう。

ハイブリッドの燃費の良さも売りとするモデルですからね。

マツダ新型CX-8のモデルチェンジ情報と存在意義のまとめ

当初の予測ではこの新型モデルのネーミングは新型CX-6ではないかと予想されていました。

CXシリーズの車名の数字に関しては本来の数字の割り当て順序としては6が順応なのですが、シーエックスシックスという呼び名が日本人には言い難く呼びにくいということから、呼びやすい8となったようです。

ボディーサイズが大きくなったことも、8が使われることになる理由でもあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本人の多くは非常時に3列シートが欲しいだけですから、それならSUVで走破性や使用用途も多彩となる3列シートSUVの方が良い気がしますね。

マツダはスポーツカーとセダン・ワゴン・SUVに特化したメーカーとしてそのジャンルであれば何処にも負けないという気概を持って世界と勝負して貰いたいです。新型CX-8は、CX-5の本来のデザインのカッコ良さを維持したまま、6・7人乗りを可能とした多目的SUVということで、爆発的なヒットは難しいかもしれませんが、一部のユーザーの心をがっちり掴んだマツダらしいモデルとなるのではないでしょうか。

しかしディーゼルエンジンのモデルのみとなった新型CX-8は、性能面ではベストな選択なのは間違いないのですが、価格が高くなったのが問題点ですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
マツダの商売下手と技術者の拘りが、出ていますよねぇ。

車の完成度は間違いなく高いモデルですから、マイナーチェンジで良い形になって貰いたいですね。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

ABOUT ME
ヒツジ執事
ヒツジ執事
自動車やバイクに関して市販車からレースまでどんなことでも大好きです。 仕事の関係から自動車保険や自動車事故に関しても詳しかったりもします。 業界の裏情報や最新情報を含んだ皆さんが楽しめる記事をお届けできればと思います。