モデルチェンジ情報

トヨタ新型RAV4フルモデルチェンジ情報:2019年に再登場!

トヨタ新型RAV4フルモデルチェンジ情報

4代目のRAV4は世界的なSUVブームもあり、アメリカ市場でも高い人気を維持し続けているモデルです。

残念ながら日本では現在その4代目RAV4は発売となっていませんが、2018年の3月のニューヨーク国際自動車ショーで新型モデルとなる5代目RAV4のワールドプレミアムが行われました。

ひつじ執事
ひつじ執事
これを受けてトヨタが正式に5代目RAV4の新型モデルに関しては日本での再販売を決定したと発表しています。

この5代目RAV4は、SUVらしい力強いエクステリアデザインと利便性の高い細かい配慮を備えた4WD車というコンセプトのもとに開発されたモノで、お客様に新しいライフスタイルを切り開く様な好奇心を刺激するモデルを目指して作られたものです。

アメリカにおいてもかなりの期待のニューモデルです。

因みにRecreational Active Vehicle 4Wheel Driveとは、Recreational Active Vehicle 4Wheel Driveの頭文字を取って名づけられています。

現在世界的なブームなSUVは、乗用車のモノコック構造をペースにしエクステリアデザインは、本格的なオフロード車とするクロスオーバーSUVなのですが、本格的に発売した先駆けこそが初代RAV4です。

日本市場においても初代RAV4のクロスオーバーSUVの成功があり、現在も人気の高いホンダのCR-Vが、ライバルとして発売となり、そこに続く形で、ニッサンのエクストレイルやスバルのフォレスターが開発され大いに人気を博しました。

RAV4は日本の新しいマーケットを開拓した革新的なモデルでしたから、今回の5代目になるニューモデルも非常に注目を集めるところです。

今回の記事ではその新型RAV4の現在判明している最新情報に合わせて予想される装備やエンジン等も紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

トヨタ新型RAV4のプラットフォームとボディーサイズ

プラットフォームに関してトヨタが誇る次世代型プラットホームのToyota New Global Architectureをベースとして開発されたカムリにも採用されているTNGA-Kを使用します。

ひつじ執事
ひつじ執事
ボディサイズからも分かる様にプラットホームと同じく基本的なコンポーネンツは、カムリのモノを使用する形となっています。

ボディサイズに関しては、ライバルモデルと比較しても全長に対して全幅が抑えられたワイドのモノとなり、それがもたらす走行性能の高さとデザインの美しさが個性となっています。

ライバルモデルとのボディーサイズの比較は↓の表で。

トヨタ 新型RAV4 全長4,595×全幅1,855×全高1,700mm
トヨタ ハリアー 全長4725×全幅1835×全高1690mm
スバル フォレスター 全長4610×全幅1795×全高1715mm
マツダ CX-5 全長4545×全幅1840×全高1690mm
ニッサン エクストレイル 全長4690×全幅1820×全高1740mm

そしてホイールベースは、2,690mmになります。

トヨタ新型RAV4のパワートレイン

ひつじ執事
ひつじ執事
新型RAV4のパワートレインは予想されるものは大きく分けて4つになります。

①ガソリンエンジン:2.5L直列4気筒直噴エンジン

これはカムリにも搭載されているDynamic Force Engineと呼ばれる2.5L直列4気筒直噴エンジンになります。

これにミッションは8速AT「Direct Shift-8AT」を組み合わせます。

これはアメリカ市場でのユニットで下のハイブリットユニットと同じく日本でも搭載される可能性が高い大本命エンジンです。

②ハイブリッドエンジン:2.5L直列4気筒直噴エンジン+THS II

これもアメリカでは発売が決定しているエンジンで、Dynamic Forceの2.5リッターの直列4気筒直噴エンジンに電気モーターを組み合わせるトヨタ自慢のハイブリッドシステムTHS IIを搭載します。

ミッションも同じく8速AT「Direct Shift-8AT」が搭載されます。

日本でも必ずハイブリッドモデルは発売となるでしょうから、このエンジンが可能性大です。ただし発売はガソリンモデルのリリースから遅れること3か月から6か月でしょう。

③ガソリンエンジン:新開発2.0L直列4気筒直噴エンジン

ヨーロッパ向けエンジンとして2リットルのガソリンエンジンが新開発されています。

パワーと燃費そして排気ガス対策を意識して開発されたものです。

ミッションもヨーロピアンの好みということで、6速ATだけでなくMTが設定されます。

このエンジンとミュションの組み合わせの方が日本市場には向いていると個人的には思うのですが、期待は薄いかな。

④EVユニット

実は歴代RAV4には、EVモデルが存在しています。

今回の5代目RAV4では、特にアナウンスはありませんでしたが、アメリ市場のEV車開発と販売に関するZEV規制を考えるとトヨタとしては新型RAV4にもEVユニットを搭載して少しでも台数を稼ぎたいのではないかと思います。

どの道、発売は勿論のこと、発表に関してもアメリカでの正式発売から1年後といった流れとなるでしょう。

新型RAV4の安全性能

ひつじ執事
ひつじ執事
トヨタの安全性能技術といえば、トヨタセーフティセンスですよね。

トヨタセーフティセンスもこれまで進化を続けて、トヨタセーフティセンスCから最新のトヨタセーフティセンスPになっています。

新型RAV4では、このトヨタセーフティセンスPを大幅に機能強化して、第二世代へとバージョンアップしたのシステムの新Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)が搭載されます。

第2世代のトヨタセーフティセンスにおいても軸となる技術は下のモノとなります。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • ロードサインアシスト(RSA)

トヨタ新型RAV4のエクステリアデザイン

新型RAV4のエクステリアデザインは、ダイナミックで力強いSUVらしい無骨なデザインを採用しています。もう一つの面では都会を走らすた時にも自然とそこに溶け込めるような洗練モノとして開発されています。

ひつじ執事
ひつじ執事
フロントマスクは8角形とすることで力強い男っぽいデザインであり、ワイドに幅広い造形が彫り込まれており、塊感の強いデザインとなっているのが特徴です。

またリアのクォーターガラスを大きく取ることで後方視界を確保して、それ以外にもサイドミラーやデジタルインナーミラーを採用する等、近代技術の視角を上げる工夫がされています。

また、最低地上高を高くすることやホイールを19インチへと大型化することで、オフロード性能と高速での走行快適性を向上させています。

トヨタ新型RAV4のインテリアデザイン

新型RAV4のインテリアデザインは、洗練された水平基調のデザインとしながらもセンターコンソールを大きく取り硬質素材やシルバーの加飾パーツを配置することで、高級感や力強さを併せ持ったものとなっています。

ひつじ執事
ひつじ執事
ソフトパッドの上手な使い分けも印象的です。

インパネ全体にはソフトパッドが貼られている事や短いグリップのシフトレバーなども特徴的です。また大型のガラスルーフが採用され室内を明るく演出しています。

更に搭載されるのは、独立した大型ディスプレイでマルチメディアシステムを使用できるようになりApple CarPlayはiPhoneの機能を車載ディスプレイで操作可能となりますし、音声サービスであるAlexaも搭載されます。

トヨタ新型RAV4のグレード

「Adventure」「Limited」「XSE Hybrid」の3つのグレードが展開されます。

ひつじ執事
ひつじ執事
装備やエンジンが異なるだけでなく、フロントフェイスが若干異なっている点です。

リミテッド

リミテッドは、街中での利用を重視したグレードで高級感のあるメインのグリルとその上に設置された細長いグリルが印象的なモデルです。

4WDシステムは、これがトヨタ初採用となる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を搭載して前後の制御は勿論、後輪の左右のタイヤの駆動力配分さえも最適化を制御するものとなります。

アドベンチャー

アドベンチャーは、オフロードを重視したSUVらしさを色濃く強調したエクステリアデザインとなっています。

特徴のフロントグリルは、2本のラインが中央を横切るグリルが特徴で男性的でナチュラルな印象です。

技術的な面に関してはリミテッドと同じ内容となります。

XSE Hybrid

XSE Hybridは、リミテッドをベースとしてハイブリッドエンジンを搭載したモデルです。

フロントグリルは、ボディーと同色の一体化したモノでありその上の細長いグリルが印象付けるモノとなっています。

搭載される4WDシステムは、ガソリンエンジンモデルとは異なり、トヨタのハイブリッド車専用のシステムである「新型E-Four」が使用されます。

新型E-Fourでは、走行環境に寄り後輪のトルクを調整する制御が行われてオフロードにおいても高い走破性を達成しています。

更に電気で駆動する後輪の全体トルクを従来型の1.3倍に増加させています。

トヨタ新型RAV4の車両本体価格

車両本体価格ですが、基本的には海外の新型RAV4とほぼ同じ価格帯となることが予想されています。

現行モデル4代目のRAV4の価格が約200万円後半から300万円中盤という設定となっていますから、新型モデルに関しては若干の価格アップとなるでしょう。

日本国内においては、300万円を切る280万円か290万円からのスタートとなり、ハイブリッドの最上級モデルが、450万円程度となるのではないでしょうか。

また、これは国内でライバルとなり得るトヨタのハリアーの価格が、290万円代から約500万円という設定ですから、比較対象となるのは間違いないでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただし販売店系列としては、トヨペット店の専用車種であるために、トヨタ社内としてはそれほど問題ないのでしょうね。

トヨタ新型RAV4の発売時期

新型RAV4は、2018年のニューヨークモーターショーのプレビューイベントで初公開されています。

ひつじ執事
ひつじ執事
そしてトヨタのニュースリリースでは、2019年春頃の発売予定となっています。

この点から推察するに2018年年内にはアメリカでは、ガソリンエンジンモデルの発売が行われると思われます。そして2019年にアメリカでハイブリッドモデルが追加発売、その後にヨーロッパ市場もしくは日本市場に導入という流れとなるでしょう。

現在の発表では、2019年春頃という話にはなっていますが、もしヨーロッパ市場を先行して発売するのであれば、人気に寄っては工場の生産ラインの空きのキャパシティーの問題がありますから、日本の発売は夏ごろまで遅れる可能性はあり得ると思います。

トヨタ新型RAV4がライバルと想定されているモデル

新型RAV4を開発するにあたってライバルとして想定されているモデルが存在します。

特に新型RAV4のメインターゲットはアメリカ市場ですから、アメリカでのSUVのライバルモデルを意識したものとなっています。

ひつじ執事
ひつじ執事
それらのライバルモデルもここでは観ていきましょう。

ホンダ新型CR-Ⅴ

アメリカ市場でのトヨタの最大のライバルはホンダになります。

RAV4のライバルは日本国内においてもCR-Vでしたが、同じくCR-Vも現在は日本国内での販売はされていません。

しかしアメリカ市場では非常に人気の高いモデルであり、RAV4の最大のライバルと言えるでしょう。CR-Vに関しても3列シートのSUVとして日本国内の再販売がほぼ決定しています。

マツダ新型CX-5

ボディーサイズ的にもライバルとなるのがマツダのCX5です。

プレミアム感のあるデザインやSUVとは思えない走りの良さがウリのモデルです。RAV4と大きく異なる点に関しては、RAV4がハイブリッドシステムを積んだモデルがあるのに対して、CX-5はクリーンディーゼルを搭載したモデルとなります。

メーカー同士としてはライバルとして想定しているモデルですが、意外とユーザーは、比較対象とならない不思議な関係にあるモデルです。

スバル新型フォレスター

スバルのフォレスターもここで新型モデルへと変更になります。

現在のトヨタとスバルは同じグループに属する兄弟会社のような立場にあるので、純粋にライバルモデルと設定する単純な話にはなりません。

ですが、日本国内の発売のタイミングが半年程度の差しかないこともあり、間違いなく購入層は比較してくることでしょう。アメリカ市場においてもスバルファンは根強いですから、どのような評価がされるのかは興味のあるところです。

トヨタ新型RAV4の歩み

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではRAV4のこれまでの歩みを振り返ってみましょう。

初代RAV4(XA1#型・1994年 – 2000年)

初代RAV4は、カローラのコンポーネンツを流用して開発された乗用車のモノコック構造をベースとしたクロスオーバーSUVです。

本格的なオフロード性能を追求したラダフレームのモデルとは異なり、シティーオフローダーと呼ばれるファッション的な意味でのかっこよさとリーズナブルな価格という面を重視して開発されたモデルになります。

CMキャラクターに木村拓哉が採用されたこともあって若者に絶大な人気を誇りました。

2代目RAV4(XA20W型・2000年 – 2005年)

初代の3ドアをベースとしたコンパクトSUVから5ドアをメインとし、3ナンバーのボディーサイズへと拡大されミドルクラスSUVに変更となりました。

従来の価格を重視した質感の薄いモデルから、アメリカ市場を意識したワンクラス上の上質なモデルへと生まれ変わりました。

これにより、ユーザー層も20代の独身男性からファミリー層がメインとなっています。

3代目RAV4(XA30W型・2005年 – 2016年)

3代目のRAV4は、従来の国内市場向けのモデルから海外戦略のグローバルモデルとして生まれ変わりました。

それに伴い3ドアモデルは廃止となり、5ドアモデルのみへと変更となり、インテリアの質感などは明らかに日本人の好みでは無くなりました。

そのこともあり、国内での販売数字に関しては先代、先々代のような勢いはなくなったのも実情です。

4代目RAV4(2013年 – 2018年)

4代目RAV4は、3代目が日本国内の販売台数が不振だったことから国内発売はされませんでした。

しかしアメリカ市場においては人気モデルであり新車販売台数での4位という成績を残しています。

日本国内では不人気、アメリカでは人気車種という典型的な例のモデルとなりました。

トヨタ新型RAV4フルモデルチェンジ情報のまとめ

トヨタ新型RAV4の最新情報をここでは見てきました。

現在のSUVモデルブームを受けての日本再登場となります。

ひつじ執事
ひつじ執事
逆にRAV4程のビッグネームが今まで不在だったことの方が不思議ですね。

新型RAV4の内容を見ると今の日本のSUVの激戦の中でも人気となるのは間違いないモデルですよね。

最近のグローバルモデルは海外重視の傾向が強いので、日本モデルの発売は遅れがちですが楽しみに待ちましょう。

誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは?

誰でも簡単に出来る方法なのに、30万円以上も車を安く買えちゃうこともある方法があるのを知っていますか?

車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

この裏のからくりを知らないで車を買うと、”ディーラーに騙されたよっ!”って、後で後悔する人もいるぐらいです。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで誰でも簡単に出来る様に、分かりやすく丁寧な記事を書きましたので、下の記事を読んで、あなたも安くお得に車を買ってくださいね。

その記事は”誰でもわかる30万円以上安く車が買える方法とは?”になります。

簡単な方法ですから、大好きな車を安く買って快適なカーライフを手に入れて下さいね。

ABOUT ME
ヒツジ執事
ヒツジ執事
自動車やバイクに関して市販車からレースまでどんなことでも大好きです。 仕事の関係から自動車保険や自動車事故に関しても詳しかったりもします。 業界の裏情報や最新情報を含んだ皆さんが楽しめる記事をお届けできればと思います。